2019年10月17日に金谷小学校6年生46名の職業体験を実施し、
そのうち20名が広告事業部の体験授業に参加してくれました。

数か月前にお話をもらってから、小学6年生が短時間でわかりやすく
広告のお仕事を体験するには!とスタッフ一同で考え、、、
「他己紹介」をすることに。

お友達のことを他の人に知ってもらおう!というコンセプトのもと
写真とキャッチフレーズでお友達の紹介する!
簡単そうに見えて結構難しいんです。

他己紹介を体験する前に、「広告とは何か?」を簡単に説明。
みんなメモを取り出す真面目っぷり!

おじさんの説明は早々に切り上げ、、、

さっそく体験してもらうことに!
まずはペアを決めてお互いの良いところを出し合います。
小学6年生という微妙なお年頃。
大きな声でどんどん出しあっているペアもいれば、
どうしたらいいのかわからず無言になるペア。
アシストしてあげてやっと意見が出るも、抽象的で相手にインパクトを
与えられるような言葉が引き出せないペア。
悪戦苦闘?!しながらも最終的には全員とってもすばらしいキャッチフレーズが
出来上がりました!

次は写真撮り。
一眼レフを使ってお友達を撮影します。
おちゃらける男子に恥ずかしがる女子。
それでも平成?!令和?!の子たちはみんな「写真を撮ること、撮られること」
に慣れているようで、とっておきの1枚があっという間に撮れました!

撮った写真をプリントアウトしポスカでキャッチフレーズを書き込みます。
カラフルに仕上げたり、モノトーンで仕上げたり、みんな写真のイメージに合う
センスある1枚の出来上がり!

最後にみんなの前で発表です!
和気あいあいとしたにぎやかな中でとっても楽しそうに発表する姿が印象的でした。

この体験を通して、どうしたら相手がハッピーな気持ちになるか!
相手に必要な情報を伝えるにはどうしたらよいか?
が自然と身についてくれたらうれしく思います。

バスに乗り込んでわたしたちの姿が見えなくなるまで手を振ってくれた
ことこそが、彼らからの今日の感想だと思うとやってよかったな〜
と自然と笑みがこぼれるスタッフ一同でした。

(y-suger)