4月6日に新入社員の土木部研修があり、
実際に工事現場を見学させてもらいました。
台風や豪雨による川の増水で
東光寺谷川が氾濫してしまうのを防ぐために
川幅を広げるという工事です。

現場監督から工事の説明を受けている様子

この現場ではドローンを導入し、
測量や現場管理を行っていました。
私たちも実際にドローンの操縦を体験させてもらいました。

実際にドローンを使って撮影してみました

最初は操縦が難しいのですが、慣れてくれば簡単に
測量や現場管理のための写真撮影ができるそうです。
ドローンを用いることで、
測量や上空からの広範囲の写真撮影が簡単になり、
作業の効率化や安全性の向上につながることがわかりました。
また、安全管理は現場監督の目で管理を行うことが重要ですが、
先端技術をうまく使って現場の安全性を高めていくことも
重要であるということがわかりました。

(新入社員 K.M)